写真
外部足場

近年では中高層ビルにおいても外観設計が多様化しており
外部足場もより細やかな対応が求められています。従って、
現場に応じて壁からの離れや作業床の広さに対応できます。

先行足場

木建工事の躯体工事や屋根工事等の建方作業時における
墜落防止対策として、建方作業に先行して足場を設置する
<足場先行工法>が広く採用されています。

鉄筋足場

橋脚や高層の基礎工事、ピット内工事等の複雑な鉄筋工事
には高さや離れなどとくに柔軟に対応できるために非常に作業
効率の向上が期待できます。

地足場

ビル等の基礎工事で、型枠、コンクリート打設のための地足場
には600巾から1400巾仕様までの通路と登桟橋やフリーステップ
を併用することにより安全性と施工性が一層向上します。
フリーステップ

高さが変わってもステップがスライドして、いつも平行を保つので
足場の階段の第一ステップや作業床が高いときに安全に楽に
上り下りすることができます。

登桟橋

エキスパンドメタルを使用しているため泥を現場内へ持ち込みません。
また、高さ調整(ジャッキにより)も可能なので大変便利です。サイズ
は、長さ1800×巾1200又は、1800の組み合わせとなっています。

ステージシステム

各層2100巾のステージとウインチをセットした、安全性、作業性に
優れた荷揚げシステムです。さらに搬送台車をドッキングすることも
できます。


写真
ホームへ
 弊社の足場は、さまざまな現場シーンに
対応すべく、そのバリエーションとして100〜1400
の仕様までの作業床のご用意が可能です。
 また、板の長さは、600・800・900・1000・1200・
1500・1800
と豊富に取り揃えております。従って、
離れ調整に至っては、10cm刻みで対応可能です。
その結果、壁からの離れ調整がしやすい設計
なっていますので安全対策も万全です。